« 「ゼルダの伝説」30周年 | トップページ | II魂 リサイクル演奏会2 »

2016.11.03

FCB13th LIVE キョウブンに消ゆ

Img_1225

12th
11th
10th
9th

川崎市教育文化会館がもうすぐ取り壊されるとのことで、ファミコンバンドさんとしては最終ライブになるかも!?との触れ込みを聞き、これは嫁を質に入れてでも行かねばと決意し(実際は入れてません)、妻を引き連れいざ出陣。(ここまで12thのコピペだが違和感がない)

長引く風邪で体調はギリギリ、出発直前に京浜東北線が人身事故で止まる(品川折り返し運転でセーフ)、川崎駅前はハロウィンパレードのため人だらけという三重苦を乗り越えて入場。体調を考え、退出しやすい二階席後方に陣取る。

1面 ハイパーディレクテッドステージ

M-01 ハドソンメドレラ
M-02 北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

2面 チープ&マニアックステージ

M-03 ????????
M-04 サン電子メドレイ
M-05 有名人メドレイ2
M-06 ピンボール
M-07 ジャレコメドレイ
M-08 熱血硬派くにおくん
M-09 ルート16ターヴォ

3面 シンフォニックステージ

M-10 信長の野望
M-11 ファイナルファンタジーIII

4面 アンコール

・そして伝説へ(DQ3)
・国本さんメドレイ
・アイレムメドレイ

長文書くの久しぶりで疲れる。

M-01 ハドソンメドレラ

〜収録ゲーム〜
高橋名人のBugってハニー/チャレンジャー/バンゲリングベイ/ロードランナー/スターフォース/スターソルジャー/バイナリィランド/新人類/忍者ハットリくん/高橋名人の冒険島/ドラえもん/桃太郎電鉄/桃太郎伝説/サラダの国のトマト姫

舞台の下に擬似段差が作られていて、更に磨きがかかった演出のダイナミックさが二階から大変よく見えた。演出の3DS化に成功したと言っても過言ではない。まあーしかし皆さん初っ端からよく動くよね。

・超いい声で「Bugってハニー」の主題歌を歌い出すよこばりさんと可愛らしいハニー達。
・「チャレンジャー」は「HELP」の文字と共にキャラと電車が高速移動、押し切られて舞台下に落ちていった。2面のガイコツのやる気のない左右移動がツボ。
・「バンゲリングベイ」のヘリコプターを、腕をぐるぐるブン回すことでエコ表現。上手いなあ。
・掘った穴に入って即死するロードランナーね
・「スターフォース」…これ演出あったかな?
・「スターソルジャー」は人力五方向ショットの再演。下方ショットの靴下が履きづらそうだった。
・「バイナリィランド」はすぐにクモの巣に引っかかるもクリア。ハートの表現とかほのぼのしてた。まあ殺伐とするゲームではないが。
・「新人類」も再演。左右から襲いかかる大量の長州力、手間のかかる衣装と演出の割にはすごくアッサリ退場しちゃうのはもったいないのだが、これがFCBクオリチイ。
・「忍者ハットリくん」、左右からオバケに襲われてかわいそうだった。ボーナスステージでは指揮者のいけちんさんがくるっと振り向いてシンゾウの動きを再現。演奏者から大量の鉄アレイ、あとなぜか観客席からも鉄アレイが。最前列のお客さんの席に予め置いてあったらしい。
・なんと高橋名人本人が登場…と思ったらメイジソさんだった。警戒かつ重厚な動きを的確に再現。しかし体張りすぎだよなあ…。
・キャラの動きの再現度が凄まじかった「ドラえもん」。退場するスネ夫とか、下向きに飛ぶところとかねー。極め付きはエンディングを完全再現した舞台上方からの後光。これはグーニーズにも使える。
・「桃太郎電鉄」というかカードと貧乏神が出てたからスーパー桃鉄か。ヘリコプター強制帰還のときにバンゲリングベイのアラート音が鳴るのは卑怯かつ技あり。貧乏神が札束を出し入れしている場所を妻がしきりに気にしていた。
・桃太郎伝説からは演奏のみだったかな。壮大なラストでした。

M-02 北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

演奏会の副題にも入っているので、事実上のメインコンテンツか。Twitterにも書いたけど、オホーツクってアドベンチャーゲームだから、基本的に止め絵だけなんだよね。それをシーンごとに再現するなんて正気の沙汰とは思えなかったし、実際に再現してて正気の沙汰とは思えなかった。プロの仕事だなーと。あとはゲヱセン上野さんが登場するサプライズもあり。会場には荒井清和さんもいらしたとか。演出ばっかり目が行くけど演奏も素晴らしかったですよ!では演出についてチラホラと。

・上から挿入されるタイトル画面、あんなんよう作りましたね…なんかGAMEバンドさんっぽかった
・阿寒湖の後方のピンぼけ状態の女の子たちのアイヌ民族の衣装まで用意する周到さに震えた
・紋別のテトラポット(港湾殉職者慰霊碑)をああいう風に再現するとは!
・ホステスの肩紐ずらし、ちょっと洒落になってないエロさだったとは妻の談。実際めぐみのバスタオルとは会場の雰囲気がぜんぜん違ってたもんね…
・ヤクザの事務所の手前のイナバウアーヤクザ、今季最高の反りで高得点!
・ペナントなんて今の子は知らないだろ!
・一回で済むはずが、何度も挿入される俊介の正面&真顔、正直シュールすぎてヤバかった
・洗濯機を担いで移動という発想、並のアマ団体ではなかなか出ないだろう
・エンディングの新解釈が良かった。みんなに祝福されてたんだ、と思いたい。

全部は書ききれないけどまあー凄かった。みんな一切照れなく淡々と演じるところがまたクルよね。

20分以上?の休憩後2面へ。教文の男子トイレは毎回すごい行列な。

M-03 ????????

ここで「ポケモンGo」とは想像の斜め上。なぜ「?x8」なのかは特に説明がなかった。演奏はほぼなく演出のみ。せっかくPOPしたカイロスを無視するなんて!俺もするけどさー!

M-04 サン電子メドレイ

スーパーアラビアン/マドゥーラの翼/いっき/爆風トモちゃん

個性的な完成度で多くのファミっ子を惑わせたサン電子の名作たち。アランのキレのあるキック、ビキニアーマーっぽいルシアの衣装、なぜか最初から竹槍を持っていて障害物に阻まれまくる百姓たち、昔ながらのセーラー服(たぶんオホーツクと共通)のトモちゃんなどを再現されてました。何気にルシアの衣装が凄かったんだけど、前回のワルキューレと同じ人かなあ?

M-05 有名人メドレイ2

聖飢魔II 悪魔の逆襲/舛添要一 朝までファミコン/マインドシーカー/光GENJI ローラーパニック/ラサール石井のチャイルズクエスト

かつての有名人たちが続々登場で会場は大パニック!真っ白い顔をしたよこばりさんが再登場して、なんかそれっぽい曲を熱唱。でもTwitterによるとゲーム中はかからない曲らしい。舛添さん自身は座ってるだけで何もやらない。透視を外しまくり、スプーンが折れないポンコツ清田くん、腕のフリがキレキレの笑顔SUNSUNな光GENJIたち。チャイクエ音頭を熱唱する若きチャイルズたち。ここが武道館だったのか…!?

M-06 ピンボール

これは二階席から見るのが大正解の再現度。バネの力が足りずにボールが戻って最初からやり直すのあるある。一球目はなぜかフリッパーを一切動かさないまま下に落ちていった…落ちた後にフリッパーをガチャガチャさせるのはお約束。ピンボールは2画面あるので、上下移動時の切り替えが大変そうだった。その後はフリッパーでボールを止めて一気に打ち出す高等テクが出だしてアシカさんもフィーバーで大喜び(体力的にはきつそうだった)。曲はほとんどないゲームなので、観客は演出を見守るのみだった。

M-07 ジャレコメドレイ

フォーメーションZ/エクセリオン/アーガス/忍者じゃじゃ丸くん/ミシシッピー殺人事件

白いビニール傘を片手にイクスペルが駆け抜けた後は、慣性再現が大変そうだった「エクセリオン」。これは誕生日に初めて買ってもらったファミコンソフトだけに涙…は出なかった。この2ゲームってタイトル曲しかないんだよね。アーガスは変形がなかった代わりに着地失敗をキメてた。じゃじゃ丸くんは、ヘドボン登場やガマパックンとの息の合った移動など、細かいところまで再現してたなあ。ラストはいつもの二人組のコント。なんかこういい方は適切ではないかもだけど回を重ねるごとに面白くなってると思いました。

M-08 熱血硬派くにおくん

くにおくんが終始男女もヤクザも関係なく殴りに殴りまくり、時にはノーヘルバイクで不良も蹴落とす。女でも馬乗りで殴るのは昔ならでは。しかし攻撃自体は結構ワンパターンでゲームクリアを優先するクレバーさも見せる。それにしてもみすずの強さ、やっぱハンパじゃねーぜ。なめてんじゃねえぞ!ラストはひろしとの熱い再会と高速握手で〆。

M-09 ルート16ターヴォ

個人的に毎回一番楽しみにしているステージ。舞台は前回がドラクエVだったから、今回はVIになるかと思いきや、初代ドラクエというフェイント。勇者よこはりが、先程「いっき」で使ってた竹槍で竜王を倒すまでのストーリーを一気に追う流れ。レミーラで舞台が明るくなるのはよかったな~。勇者は姫を抱えながら移動する体力を見せつつも、会話ウィンドウ表示中は街のみんなと一緒に動きを止めるクレバーさも見せる(くにおくんのコピペ)。竜王との会話で一度ゲームオーバーになるも、最終的には竜王の真の姿と対峙。これがまたなんかカワイイ系の竜王だったな。。

20分程度の休憩の後、いよいよラストの3面へ…

M-10 信長の野望

〜収録曲〜
「信長の野望戦国群雄伝」より: オープニング/大名セレクト/信長戦略/信長戦闘/一般戦略/一般戦闘/篭城/勝ち/1.きる
「武将風雲録」より: オープニング/大名セレクト

12thで大好評だったらしい「信長の野望」、今回は晴れて聴かせる系の演奏になってました。武将風雲録OPありがとうございましたああああ

M-11 ファイナルファンタジーIII

開演からここまで約3時間、こっからFFIIIほぼ全曲の約40分の大演奏だから、団員さんはホントお疲れ様というか。。。DS版OPから始まったのには感動。OPのキャラ落下音はメイジソさん担当。腰は大丈夫だったのか…。「ジンの呪い」とか「海底神殿」とかが入ってるの、やっぱいいよね〜。この辺の楽曲ってFFIIIを強く印象づけてると個人的に思う。他もエウレカとか超かっこよかった。演奏もアレンジも丁寧な感じで終始ニコニコしながら聴いてました。静かな演奏もあったので、お子さんの声が時々響いてたのはちょっと残念なところ。

・そして伝説へ(DQ3) ・国本さんメドレイ ・アイレムメドレイ

時間が押しているのか、一気に4面に雪崩れ込む。最初は王道の「そして伝説へ」。12thが「この道わが旅」だったから、その流れかな?吹奏楽の意地的な何かを感じました。

国本さん登場の流れは、他の誰かが書いてると思うので割愛。カトちゃんケンちゃん、ミッキーマウス、迷宮組曲、ボンバーキング(歌付き)、だったかな?作曲者本人との大演奏なんだから、盛り上がらないはずもなく。会場も暖かかったなあ。

アイレムについては、色々混ざってたらしいんだけど、話を総合すると、ジッピーレース、スペランカー、10ヤードファイト、スクーン、だと思います。オーラスでみずしな先生がヴィブラスラップ?を鳴らして〆。おつかれさまでした〜、ってこの流れ12thと一緒じゃん!!

場内アナウンスによると、川崎教文の職員の人に再度聞いたところ、2018年3月までは存在するらしい、その後は知らん、だそうです。14thはどうなるか…って2018年3月までなら確実に開催できるのでは…!などと満身創痍の団員さんには軽々とは言えない雰囲気ですがよろしくお願いいたします。

|

« 「ゼルダの伝説」30周年 | トップページ | II魂 リサイクル演奏会2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ゼルダの伝説」30周年 | トップページ | II魂 リサイクル演奏会2 »