« VIDEO GAMES LIVE in JAPAN | トップページ | セガコンシューマーヒストリー展 »

2009.10.17

Game Addict's Music Ensemble 2nd Concert ~おとなになるってかなしいことなの or2~

Game Addict's Music Ensemble さんの 2nd Concert を妻と一緒に聴いてきました。

1st Concert のレポ

開場は前回と一緒の船橋市民文化ホール。自宅からは遠い遠い。開場5分前に到着。入場については、前回とほぼ一緒というか、整列すらありませんでした。お客さんの行儀が良かったから良いものの、事前に列の説明くらいは欲しかったところ。ここの会場は、お客を並ばせてはいけないルールでもあるのでしょうかね?演奏開始までは「空の軌跡 SC」をプレイしようと思ってたんですが、「DISC1 に入れ替えてください」という無情のメッセージにより断念。DISC1 なんて持ってきてないよ!つーか終盤なのに以前のディスクを入れさせるな!!

そういえばトイレにサボテンダー?みたいなイラストがありました。

さておきセットリスト。

第一部

CRONO CROSS~時の傷痕~
作曲/光田康典

ロマンシング サ・ガ3 メドレー
作曲/伊藤賢治

バハムートラグーン メドレー
作編曲/江口貴勅・松枝賀子
休憩(15 分)

第二部

シムシティ メドレー
作曲/岡素世

名作パズルメドレー
ヨッシーのたまご 作曲/増田順一
ドクターマリオ 作曲/田中宏和
テトリス 作曲/田中宏和 他
ヨッシーのクッキー 作曲/NOBUYA AKIRA TSUTOMU NORIKO

休憩(15 分)

第三部

ポケットモンスター 赤・緑より
作曲/増田順一

アンコール
エアリスのテーマ
スーパーマリオワールド エンディング

正直言って、今回は知ってるゲームが少なくて、私には厳しかったです。詳しい方の感想を見たほうが良いかと思います。

開演前に「DS パート」のアナウンス。前回で味を占めたのか、今回もお二人が最前列で DS パートを担当されてました。DS は持ってきていなかったので、どんなチャットが繰り広げられたのかどうかは分かりません。開演時刻になり、チューニングが行われた後、指揮者が登場するまで、なぜか3分くらいの謎の間が。首を傾げてしまいました。遅れるなら遅れるで少し説明が欲しかったところ。

CRONO CROSS~時の傷痕~

最初にこれか~!というナイス選曲でした。最初のソロパートが良い感じ。しかし、後半の盛り上がり前のトランペット(?)ソロがちょっと残念…。

ロマンシング サ・ガ3 メドレー

いろいろと細かいネタが仕込まれ始め、いよいよ本領発揮というところでしたが、いかんせん未プレイなわけで、大半のネタが理解できず、歯痒い感じ。最初の旗振りバトンの女性とか…なんだったのでしょうかアレは。あ、トマホーク→メガホークとひらめいて、斧の飛距離が伸びていくところなんかは、ロマサガっぽくて良いなあと思いました。イトケン関係は色々聴いているのですが、怪傑ロビンとか戦闘曲しか分かりませんでしたなー。演奏者も役者も熱演されていたのですが、ほんとスミマセン。

バハムートラグーン メドレー

今回の演奏会にある「おとなになるってかなしいことなの」の元になったゲームらしいです。今回のメインイベントと言っても良いでしょう。しかしながらこれまた未プレイ。MC のひろしくんが、憧れの女性(すんません失念しました)の名前を入力し、意気揚々とプレイしながらも、ゲーム史上最大の悪女に打ち砕かれていくという演出。教会でのエピソード(というか伏線)、なぜかメガネのサラマンダー君と動きの良すぎるレンダーバッフェ君との対比。そして、、「ううん……サラマンダーより、ずっとはやい!!」というセリフ。聞いたことはあったのですが、こんな経緯だったことははじめて知りました。当時の CM で流れていたメロディが哀愁を漂わせてましたねー。大人になるって悲しいことだね。

シムシティ メドレー

ようやっと知ってるゲーム第二段。最初は演奏人数が少ないのですが、街の発展と共に、演奏者も増えていき、最後にはすごい人数になっていくという演出。「住民がスタジアムの建設を要求しています」→ドドン!!→「ワーーー!!ワーーー!!」の演出が完璧すぎて泣けました。電車の音やマリオ像が建ったときも良かったなー。シティーあたりまでの曲が寂しげで好きです。

名作パズルメドレー

ゲームボーイの電源が入り、赤ランプが点灯し、任天堂のロゴが出た後、演奏開始。ドクマリとテトリスは辛うじて分かりましたが、それ以外は…。。初音ミクのネギ踊り(?)は衣装がロシアっぽかった?最後に赤ランプが暗くなって、演奏が尻切れになったりしたら完璧だったと思います(余計なお世話)。

ポケットモンスター 赤・緑

前回の公演もそうでしたが、最後の曲は MC 無しでのガチ演奏(演出はある)でしたね。おいらはピカチュウバージョンしかやったことねえですだ。。進化シーンはなんとなく分かりましたが、いかんせん、曲がタイトル以外は全然分からず。つくづくプレイしなかったことが悔やまれます。

エアリスのテーマ

?という選曲でしたが、団員さんたちの趣味ですかね?なんかこう、浮いていた感じがしました。

スーパーマリオワールド エンディング

最後は会場の皆さんの手拍子に乗って団員の方々の紹介が。前回の演奏とまったく一緒ですね。

さて総括。演出のキレは前回のほうが良かったように思います。自分たちも楽しみつつ、お客さんをも楽しませようという姿勢は大変良いのですが、ちょっと力が入りすぎてたかなーと。「ファミコンバンド」っぽく進化するかなと思ってたんですけど、「ルセッタアミュゼ吹奏楽団」っぽくなってきた感じ(って、この例えで分かる人は居るのだろうか?)。目指している方向はどこなのかは第三者には分かりかねますので、いましばらく活動を追わせていただこうかなと思います。

余談。帰りに妻と駅ビルで食事したんだけど、定食とビールだけだったのに、お通し代を取られたのには参った。お酒を飲むところだったのね……ちくしょー!二度と行くかーあのお店ー!でも親子丼は最高だったぜ!

|

« VIDEO GAMES LIVE in JAPAN | トップページ | セガコンシューマーヒストリー展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VIDEO GAMES LIVE in JAPAN | トップページ | セガコンシューマーヒストリー展 »