« 逆転裁判 特別法廷 2008 オーケストラコンサート~GYAKUTEN MEETS ORCHESTRA~ | トップページ | 革婚式 Diary »

2008.05.04

Game Addict's Music Ensemble 1st Concert ~つよくてニューゲーム~

Game Addict's Music Ensemble さんの 1st Concert を聴くため、はるばる船橋まで行ってきました。引越し前は行徳に住んでたので近かったんですけど、蒲田からはさすがに遠い。。しかし、実りの多いコンサートでした。以下レポ。

まず入場まで。開場 30 分前に着いたのですが、入り口前をたむろする若者が 30 名ほど居たかな?皆さん所在無さげ。我々 link 夫妻も所在無さげ。しばし様子を見ていると、楽団の関係者らしきお嬢様が2名出てきて整列を始めたのですが、なんかこう、「あたしも良く分かってないんだけどとりあえず 4 列で並ばせなくては」という使命感からなんとか並ばせた感がありました。このへんの仕切りの不安定さはアマチュアバンドの宿命ってヤツですかね。特に混乱も無く皆さん行儀よく並んでいらっしゃいました。曇ってたせいか、ちょっと寒かったので、できれば中で待ちたかった気持ち。

さて開場。船橋市民文化ホールは広くてキレイでした。いつもどおり真ん中後方に陣取り、すんごい豪華なパンフレットを眺めて開演を待ちます。最終的には 300 人くらい集まったんですかね?会場のキャパに比べるとやや少なめですが、コスモスカイオーケストラさんみたいに宣伝しまくって入れない人が出てしまうよりは良いかなと思います(団員の皆さんは別の感想があるでしょうけど)。年齢は、20 代の方が多いように見受けられました。皆さん古いゲームを良く知ってるんですねぇ。というか、30 代の方が少なすぎる?年代的にはジャストミートばはずなんですが。。

ともあれ、いつもどおり曲目表。

STAGE1
AREA 1-1
ゲーム「Arc The Lad」より
「アークザラッドのテーマ」
作曲 安藤まさひろ

AREA 1-2
任天堂名作メドレーゲーム

AREA 1-3
クロノトリガーメドレー

休憩(15 分)

AREA 2-1
「ソフメバンド」
スペシャルステージ

AREA 2-2
FC/SFC スペシャルメドレー

休憩(15 分)

AREA 3
ファイナルファンタジー VI よりエンディングテーマ
「蘇る緑」
作曲 植松伸夫

アンコール
MOTHER メドレー
スーパーマリオワールド エンディング

各曲の感想をば。と、その前に、団員の皆様は、それぞれゲームキャラのコスプレをされて登場したので、場内は一時騒然となっていました(大袈裟)。

「アークザラッドのテーマ」
ぶっちゃけ初代を発売日に買ったクチですが、ゲーム内容の酷さに辟易し、速攻売り払ったので、ほっとんど覚えていませんでした。すみません。作曲者は有名な方なのですが、ちょっとメロディアスじゃないんですよねー。「グランツーリスモ」並みに分かり易いと良いんですけど。

ここで司会者さん?が登場。演奏中に DS にてピクトチャットをされてたそうです…って気づきませんってフツー。

任天堂名作メドレーゲーム
地上 BGM(ゼルダの伝説)~スターフォックスのテーマ(スターフォックス)~(曲名は後で補完)(星のカービィ)~ブリンスタ(メトロイド)~BIG BLUE(F-ZERO)~メインテーマ(大乱闘スマッシュブラザーズ X) …という流れだったように思います。選曲が渋いですね。カービィのときに、団員さんがカービィに変身して去って行きました。…ちょっと突っ込み辛い気がしました。「BIG BLUE」は後半のあの素早いラインを弾ききれるかに期待がかかりましたが、うーむ、もうちょいって感じでしたかね。最後はスマブラで締め。

ここで BGM にピアノソロの「時の最果て」が流れつつ、司会者さんによる小芝居(?)が。

クロノトリガーメドレー
やすらぎの日々 -> 風の憧憬 -> カエルのテーマ -> 魔王決戦 -> 時の回廊 -> ジルバード~時を渡る翼~ -> エピローグ~親しき仲間へ~

…という流れだったはずです。前半はピアノの響きが心地良かったですね。「カエルのテーマ~魔王決戦」の盛り上がりといったら。特に「魔王決戦」の風の音の演出には感心しました。どうやってんでしょうねアレは。あとは「風の情景」と「時の回廊」という、このゲームの人気曲をきちんと抑えているあたりが、分かってる感があって良かったと思われます。あ、「カエルのテーマ」のときに、カエルのコスプレ(団員)の方が剣で斬ってました。

休憩(15 分)
ここは前半の片付けとソフメバンドさんの音調整が主体でした。
「ソフメバンド」
本日のゲストだそうで。出だしの曲がいきなり分かりませんでした。と言うか全般的に知らない曲が多くて正直すみませんって感じです。あと、右端のギターの彼にはもうちょっと頑張って欲しかったところです。特に「悪魔城ドラキュラ」シリーズはギターが命だと思うので。ともかく、リーダー?の方のルックスと声の良さには惚れました。

曲目は…思い出す限り、不明(最初の曲)、ロマンシングサ・ガ3、星のカービィ、悪魔城ドラキュラメドレー、スーパーマリオ64、ドクターマリオ、だったと思います。うーむ、あと一曲くらいあったような気も…。

FC/SFC スペシャルメドレー
スカイキッド(FC)~ツインビー(FC)~ボンバーマン(SFC)~マッピー(FC)~高橋名人の冒険島(FC)~ファイアーエムブレム(FC/SFC)~グラディウス(FC)~グーニーズ(FC)~バルーンファイト(FC)~メトロクロス(FC)~ドンキーコング(SFC)~マリオペイント(SFC)~ファミスタ(FC)~ディグダグ(FC)~ゼビウス(FC)~いけいけ!熱血ホッケー部すべってころんで大乱闘(FC)~がんばれゴエモン2奇天烈将軍マッギネス(SFC)~アイスクライマー(FC)~スペランカー(FC)

…という曲順だったようです(パンフより)。ここは色々と小ネタがありました。「スカイキッド」は一回転と爆弾拾い、「ツインビー」は救急車によって両腕が復活、「ボンバーマン」は…何も無かったっけ?「マッピー」はマッピーとニャームコの動き及びドアを開けた後の波動とニャームコのやられっぷり、「高橋名人の冒険島」はオノを投げたときの軌跡と岩のつまづき、「ファイアーエムブレム」はマルスの回避動作と山賊(?)の動き、「グラディウス」はポーズ曲とコナミコマンドとオプションの動き、「グーニーズ」はマイキーの動きとスーツな悪漢のやられっぷり、「バルーンファイト」は…風船があんまり割れなかったところ?「メトロクロス」は主人公のジャンプっぷりと缶の踏み方と蹴り方(願わくばジャンプ後に画面奥に移動して欲しかった)、「ドンキーコング」はコングとバナナ、「マリオペイント」は…体操?「ファミスタ」は…なんかありましたっけ?「ディグダグ」はファイガーの破裂、「ゼビウス」はソルバルウとバキュラと爆発、熱血ホッケー部は…何でしたっけ…、「がんばれゴエモン2」はゴエモンインパクト、「アイスクライマー」はナスとポポのジャンプと面クリア、「スペランカー」は…ポーズを決めてたんだっけかな。。演出はとても濃かったんですけど、演奏自体はやっつけな感じが何箇所にあった気がします。あと、メドレーと言いつつ、曲間はぶっちぎってました。「ドンキーコング」あたりはバンドのイメージにピッタリって感じでしたけど。

休憩(15 分)
夫婦そろってトイレチェック!綺麗でした。以上。
「蘇る緑」
長さが 20 分もある大曲。ここでは団員の皆様もさすがに(?)正装です。FFVI 自体にはあんまり思い入れは無いのですが、このエンディングは覚えてますよ。まず、私のプレイでは、シャドウは死んでました。関係ないですね。各キャラクターのテーマ曲がゆったりとメドレーで紡がれます。思い入れは無いんですけどジーンと来ます。団員の皆様も、この曲の練習に一番時間をかけていたのではないでしょうか?と思うほど力の入った演奏で圧倒されました。最後の締めもバッチリ。ということでアンコール。
MOTHER メドレー
Eight Melodies(MOTHER)~SMILES and TEARS(MOTHER2)~愛のテーマ(MOTHER3)

というエンディングメドレー。選曲の妙というやつです。なんという 30 代ホイホイでしょう。その割には最新作の「愛のテーマ」でジーンときてしまいました。色々と辛いゲームでしたからねぇ。。

スーパーマリオワールド エンディング
最後は会場の皆さんの手拍子に乗って団員の方々の紹介が。司会者が Wii リモコンを持っていたので、紹介される側も Mii コンテスト風に応えてました(全員ではないですが)。つーか懐かしい曲ですねぇ。

以上、約2時間30分に渡る、次回(あれば)も是非足を運びたいと思わせる、楽しいひと時でした。団員の皆様の(押し付けではない)サービス精神に脱帽です。どうもありがとうございました。

…ここまでを、帰宅後に、ワインでデロデロに酔いながら書いたので、おかしい所は後ほど修正させていただきます。

|

« 逆転裁判 特別法廷 2008 オーケストラコンサート~GYAKUTEN MEETS ORCHESTRA~ | トップページ | 革婚式 Diary »

コメント

演奏以外の小ネタも満載なんですね。充実していた感じが伝わってきました。

ゲーム音楽は基本ゲームの方も出来が良くないと印象に残らないもんですよね。自分も「アークザラッド」即売っぱらったのでそう思いました。

投稿: たつのすけ | 2008.05.05 22:50

アマチュアバンドな方々の場合、だいたい小ネタがありますね。
ネタが分かるうちは幸せなのですが、そのうちついていけなくなりそうで…

昔は音楽だけデキが良いゲームがたくさんありましたねー。
次にお会いしたときは「アークザラッド」について夜通し語りましょう。

投稿: link | 2008.05.05 23:18

はじめまして!GAMEバンドに出演していた者です。
先日は遠い地からはるばるお越しいただきありがとうございました。
つたない演奏でしたが、少しでも心に残っていただければ幸いです。
種明かしですがクロノの魔王決戦の風の音は団員の吐息です。
歯の隙間から「シーっ」っと出す音ですね。
本番2~3回前の練習で思いつき急遽採用されました(笑)

次の演奏会がいつあるかもわかりませんが、よろしかったらいらしてください!

投稿: れおん | 2008.05.07 22:54

れおんさん、はじめまして。
団員の方から直々にコメントをいただけるなんて光栄です。
もしかして SO2 のレオンくんのコスプレをされてた方でしょうか?
バッチリ決まってましたよ~

団員さんの吐息情報ありがとうございます。
そんなウル技(テク)を使われてたとは。大関級って感じです。
でも結構リアルでしたよ~。

次回も是非聴きに行かせていただきますね!

投稿: link | 2008.05.08 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 逆転裁判 特別法廷 2008 オーケストラコンサート~GYAKUTEN MEETS ORCHESTRA~ | トップページ | 革婚式 Diary »