« GMCD | トップページ | PRESS START 2006 -SYMPHONY OF GAMES- »

2006.09.02

Diary-TDS

妻な人の誕生日が、今年もそろそろ近づいてきたので、去年の日記の予告どおり、東京ディズニーシーに行ってきた。なんでこの日を選んだかというと、混む原因となる「タワー・オブ・テラー」が一般公開される前に行きたかったから。-以下に綴るのは当日の激闘の記録である(長いよ!)-

■事前準備編
さて、ディズニーマニアであるはずの妻だけど、ディズニーシーには詳しくないらしい。しかも、おいらはディズニーシーには行ったことすらない。ということで、事前調査を丸投げしてしまった。今は少しだけ反省している。余談だが事前調査中の妻はとてもイキイキしていた。仕事もアレだけ頑張れば人生の勝ち組になるのも容易だと夫は思った。

■9/1 編
・6:00
起床。昨年は準備に手間取った妻だが、今年は本気だ。早起きに体を慣らすため、今週の月曜日から、毎日 22:30 に就寝して、6:30 に起床するという念の入れよう。仕事もコレだけ頑張れば(以下略)。その甲斐があって、妻は前日までの体調不良がウソだったかのように、朝から妙に元気であり、予定通り 7:00 に出発できた。妻の努力を褒めてやってください。

・7:52
舞浜着。天候は曇。処々の手続きをするため、「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」に向かう。まだ開いてなかったが、20 人くらいの行列ができていた。

・8:00
「ウェルカムセンター」が開く。荷物を預け、福利厚生の割引券を使ってパークチケットをゲット。ついでに「ディズニーリゾートライン」の乗車券も。ちなみにこの日(9/1)は値上げされた直後だ。入場者が減ってるのに強気だぜオリエンタルランド。おっといけない、きっとミッキーたち大スターの出演料が上がっちゃったんだネ!んで、一番前の座席が子供たちに占領されていた「ディズニーリゾートライン」に乗って、「東京ディズニーシー・ステーション」で下車。そのまま宿泊先の「ホテルミラコスタ」に向かう。宿泊客ならホテル内の入り口から優先的に入園できるのね。妻がベルデスクで自力でお誕生日シールをゲット。これを体の目立つところに貼っていると、キャストやキャラクター達に色々と気を遣ってもらえるという優れものアイテムだ。ディズニーファンなら常識らしいぞ。「ディズニーランド」「ディズニーシー」「ホテルミラコスタ」で全3バージョンあるそうだ。集めるほうも大変だが印刷するほうも大変だ。ということで、入場待ちの列に並ぶ。前には 30 人位居たかな。

・8:45
開園時間も近づき、『お前ら本当にホテルのお客か?』的チェック後、ゲートが開く。なんかもう人が全然居なかった。園内は5周年記念一色。さてファストパスでも取りに行こうかと思ったら、「ミステリアスアイランド」の手前で、キャストのお姉さんに「開園時間(9:00)まではここで待っててネ」と足止めされた。微妙なアドバンテージだなー。この時点で小雨。後ろに並んでた女の子(成人)が、妻のお誕生日シールを、ものすごい眼力で睨みつけていたのが印象的。『エーッ、あたしも誕生日だったのに、あんなの貰ってなーい』とか思っていたのかなと思った。でも全然違う理由だったかもと思った。

・9:00
開園時間。道に迷いながらも、「レイジングスピリッツ」のファストパスをゲット。すかさずお隣の「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」(長ぇ名前だな)に乗ってみる。…うーん、ちょっと物足りないか。落下中に撮られた写真は買わなかった。てか、「スプラッシュ・マウンテン」のときも思ったけど、誰かが買っているところを見たことがない。売れてるのかなーアレは。

・9:30
今日はファストパスの発券がない「ストームライダー」に乗ってみる。「雨が降ってくるので服が濡れるアトラクションですよー」とキャストの説明があったが、雨のせいで既に大分ずぶ濡れなので問題ない。内容は3Dメガネのない「ディズニーランド」の「ミクロアドベンチャー!」の豪華版みたいな感じか。G感とか浮遊感とかが素晴らしく、技術的興味が湧いた。オリエンタルランドって、アトラクションは自社で開発してるのかなー。転職してみたいなー。

・10:00
「センター・オブ・ジ・アース」のファストパスをゲットしつつ、「レイジングスピリッツ」に移動。荷物をアトラクションの近くのロッカー(3 時間以内の利用なら、入れた 100 円は戻ってくるぞ!)に預け、いざ搭乗。この時点で大雨。屋外型アトラクション(一回転ジェットコースター)なので、もはやずぶ濡れもいいところ。用心のため長袖を着ていったが、濡れてぴっちり張り付くもんで、寒くて寒くて仕方がない。「寒いよー寒いよー」と情けない声を出す夫。アトラクション自体は面白かったっす。ロッカーで荷物を回収し、「エクスペディション・イート」で「ユカタンソーセージドッグ」を購入。雨宿りしながらもぐもぐと食べた。スパイシーで美味しかった。

・10:45
「センター・オブ・ジ・アース」に移動。エレベーターの中が暖かく、雨で濡れた身にはとても有難かったので、壁に張り付いてやった。アトラクション自体には何の前知識もなかったもので、最後の仕掛けには大いに驚いたものだが楽しかった。「メトロイド」に出てきそうなキャラも良かったねー。

・11:20
アラビアンコーストに移動し、応対の完璧なキャストのお姉さん(ねがねっこ)から、「ディズニーシー」版のお誕生日シールをゲット。その際、お姉さんが、おいらの欲しいキャラクターのシールを贈呈します、とおっしゃったので、『ぼく、ミッキーが好きです!』と、不自然なほど元気な声で答えたけど、ちゃんとシールをくれた。嬉しいなっと。でも、その後、気づいたらシールは無くなっていた。どこかに落としたみたい。お姉さんゴメン!ついでに妻のタオルもどこかに落とした。はー。

・11:30
キャストのお兄さんが「今ならスタンバイでもファストパスよりも早く乗れます」という説明をしてた「海底2万マイル」が空き空きだったので乗ってみる。…うーん、見せ方は面白いんだけど、いかんせん子供向けか。

・11:50
「ブロードウェイ・ミュージックシアター」に移動し、「ビッグバンドビート」の列に並ぶ。前に並んでいた二人組(おばちゃん、お姉さん)が、「タワー・オブ・テラー」のプレビュー用のパスを首に下げておかないでくださいとキャストに注意された(報道陣と区別するため?とか言ってた)ようで、その後、キャストの態度について、何やらブツブツ言っていた。素直に外して楽しめば良いのにねぇ。

・12:30
「ビッグバンドビート」開演。ビッグバンドの演奏に乗った歌や踊りのショー。全般的に質が高い。ミッキーの踊りが完璧で、それでいて色気があったりして、周りのダンサーのお姉さんをはべらかしていた。んでもって、ドラムまで演奏しちゃうもんだから、彼の才能たるや底が知れず恐ろしい。タップダンスも踊ってたな。あくまでも生身の人間のショーが基本で、キャラクター達が前面に出るわけではないんだけど、それでもミッキーの存在感は圧倒的だった。ショー自体は大満足。こんなに良いものが見られただけでも来た甲斐があったね。

・13:00
「タワー・オブ・テラー」の近くに行ってみた。でっかい建物だった。プレビューに当選した人達や報道陣がたくさん居た。

・13:15

ちゃんと買ったという証明

「シーサイドスナック」で「うきわまん」を購入。ウマー。形も良かった。雨はまだ降り続ける。お土産屋を覗いたりしつつ、本日2回目の「センター・オブ・ジ・アース」へ(ファストパスはいつ取ったか忘れた)。一緒に乗った親子連れの子供達が、全然悲鳴を上げていなかったのが印象的。最後のほうで緊急停車したけど、どうやら前がつかえていただけっぽい。

・14:30
ファストパスの発券がないので、覚悟を決めて「マジックランプシアター」の列に並ぶ。3Dメガネはともかく、生身の人たちの演技が大変そうだった。あの人たちはあれを毎日10分刻みで13時間もやってるわけ?いやー、俺には無理だな。

・15:00
ファストパス発券のない(今回こればっか)「マーメイドラグーンシアター」の列に並ぶ。内容は…ワイヤーで人間が飛び回るショーだった。飛び回れないヒトデの人が寂しそうだった。相変わらず生身の人たちの演技が大変そうだった。あの人たちはあれを毎日(以下略)。

・16:00
「レイジングスピリッツ」のファストパスを取りつつ、チェックイン時間が近づいた「ホテルミラコスタ」のフロントに向かう。キャストのお姉さんのご丁寧な対応で部屋まで案内される。エレベーターの声がミッキーだ。ホテル内には色々とキャラが隠れているので探してください、とのこと。それにしても広いねこのホテルは。。ちなみに予約が取れたのが2週間前。その前から問い合わせてて、既に満室と言われてたんだけど、何気なくインターネット予約を眺めていたら、トスカーナ側だけがポコっと空いていたもので、偶然にも予約できたのさ。良いお部屋は半年前から業者が1週間単位で予約して、都合が悪くなったらキャンセル料がかからない2週間前になってキャンセルするらしい(妻情報)から、狙うなら2週間前に電話か PC に張り付くのが良いかもね。でも本気で狙うなら半年前だ!

・16:30
事前に予約していたルームサービスのお誕生日ケーキが届く。キャストのお兄さんがポラロイド写真を撮り、歌まで歌ってくれた(僕も一緒に歌った)。ミッキーさんからメッセージカードも貰った。うーん、自分で言うのもなんだけど、良い思い出になったかな。ケーキはチョコの一番小さいサイズを頼み、妻が「好きなだけ食べて良い」と言ったので、ちょっと貰ったんだけど、正直、激ウマだった。じゃーもう少し、と思ったら、既に残りを全部妻が食べた後だった。…ありゃ?

・17:30
ホテルの部屋で小休止後、本日2回目の「レイジングスピリッツ」。ようやく雨も止んでくれたので、朝とは違った趣で楽しめた。ループ部分がスモークだらけなので、回転中に周りが見えないのは、恐怖心を薄めるためなのだろうか。見えたほうが面白いのにね。

・18:00
「アメリカンウォーターフロント」に移動し、「ケープコッド・ステップアウト」の待機列に並ぶ、というか最前列だった。後ろの親子連れの男の子が隣に割り込んできて、父親が注意するのかなと思ってたら、「そこなら良く見えるからそこに居な」と発言したのでズッこけた。まぁ良いかー。近くに報道陣向けのロープなるものが最前列に張られており、大人の仕組みをちょっと知った。そんなこんなで開始。アイリッシュな音楽に合わせた歌とダンス in 船上。これはめちゃめちゃ良かったなー。妻が「『クロノ・クロス』みたいー」を連発してたなー。屋外なので雨が上がって本当に良かった。ちなみにキャラクターは一切出ないので、隣の子が楽しめたのかちょっと心配だったがどうでも良いかと思った。

・19:00
これは乗ることは無いだろうと思っていた「アクアトピア」に、妻が突然乗りたいと言い出し、しかも「びしょ濡れコース」ががら空きだったのでそっちに乗りたいなどと主張し、キャストのお姉さんの「服の中までずぶ濡れになりますよー」という説明にも耳を貸さず、レインコートも装着せずに乗ってしまった。濡れたら困るものをかばんに入れ、必死に守る姿勢を見せるおいら。そしたらねー、ホントにきっつい水をかけられてねー。文字通りずぶ濡れになったともさ。水も滴るおいらの姿を見て大笑いする、何故かあんまり濡れていない妻。ふー、世の中は不公平だ。濡れた服で夜風にあたり、ガクガクブルブルしながら「レイジングスピリッツ」のファストパスをゲット。

・19:30
ホテルに戻って着替える暇も無く予約(プライオリティ・シーティング)をしていた「オチェアーノ」に突入。遅めの夕食をブッフェ形式で。こういうのに弱いおいらは、すかさず食べて食べて食べまくり。美味だったー。

・20:00
レストランのテラスが開放されたので、食事を中断し、「ブラヴィッシーモ!」をじっくりと鑑賞。水がウネウネ、火がボーボーって感じだった。幻想的な光景だったけど、子供はコレを見て何か得られるのはあったのかなーと思った。席に戻って食事を再開。食べすぎで苦しい。あと、こういう場所だと、必ずカレーを食べてしまう体質はどうにかならないのかなー(夫&妻)。カレーを食べる分、他のものも色々食べられるのになぁ。会計後、サービスってことで、「タワー・オブ・テラー」のストラップを貰った。ラッキー。

・21:15
3回目の「レイジングスピリッツ」。今回乗ったアトラクションの中では一番面白いかと。「タワー・オブ・テラー」がどの程度面白いのかわからないけど、スピードある乗り物系は不滅やね。

・22:00
去年購入したデジカメ用三脚の足が折れるアクシデントにもめげず(いや少しはめげたな)、閉園までグルグル回って記念撮影しまくり。「ヴェネツィアン・ゴンドラ」の場所に行ってみるも、既に終了と言われ、断念。お土産を見つつ、ホテルの部屋に戻った。その後、ホテル内をちょっと探索。ホテル内のお土産屋は 23:00 までやってるので便利だ。コンビニみたいなところは、ホテル内なのにドリンクが安くて良心的。メモリースティックまで売ってるのはスゴイ。その後は「高校生クイズ」を眺めてお風呂に入ってふかふかのバスタオルに感動しつつ寝巻きに着替えてビールを飲みつつ就寝。正直、目茶目茶疲れた。

■9/2 編
・8:00
大スター(ミッキー)によるモーニングコール。妻が応対したけど、内容は、寝ぼけていたのでよく覚えていないそうだ。まー、そんなもんだろう。

・9:00
寝汗をシャワーで流しつつ身支度をし、これまた予約(プライオリティ・シーティング)していた「ベッラヴィスタ・ラウンジ」でブッフェな朝食。飲んで食べて飲んで食べて。窓際の席だったので、開園直後の園内の様子がとても良く眺められた。昨日とは打って変わって、カラっとした快晴。うーん、昨日もコレだったらなー、とは思うが、いた仕方なし。ホテル最上階の、たぶん最高級スイートのお客さんが、自室のテラスに寝巻き姿で出てきて、「ミート&スマイル」を眺めている姿が印象的だった。会計後、お土産を買いつつ部屋に戻り、荷物をまとめてチェックアウト。さらば「ホテルミラコスタ」&「ディズニーシー」、良い思い出をありがとう。妻も喜んでました。

・まとめ
「ディズニーランド」と違って移動が大変。効率よく回るには地図を頭に叩き込む必要があることを痛感。雨の日は傘よりも合羽が便利そうだ。水に濡れるアトラクションもあるしね。あと、実はクラシックカーに乗ってみたかったのだが、今回は叶わず。天候不順もあったけど、まずは、妻の共感を得るところから。車は男の浪漫だ!「ホテルミラコスタ」は、少し無理してでも泊まる価値あり。今後はお金を貯めて10年後にはスイートに泊まれると良い…か?まー、「ディズニーアンバサダーホテル」も興味あるし、2008 年には「東京ディズニーランドホテル」もできるみたいだし、選択肢を狭めることもあるまい。おいらはそんなにディズニー好きってわけじゃないんだけど、ディズニーリゾート全体の隙のない完成度には素直に敬意を払うし、憧れすら感じるので、今後も様子を見守りたいと思う。さて来年は…また「ディズニーシー」に行って、アトラクションは控えめにし、のんびりと風景やショーを眺めることになるのではないかと。

写真はデジカメでたくさん撮ったけど、携帯からは一枚だけなんだよなー。迂闊だった。後で他のもアップするかも。

|

« GMCD | トップページ | PRESS START 2006 -SYMPHONY OF GAMES- »

コメント

我が家では落下中の写真はスプラッシュ・マウンテンで何度も買いました。あまりにも面白すぎる顔をしているので、悲しいときに見ても笑えてしまいます。
ここまでシーを極められれば素晴らしいです。
今度ご一緒させて下さい。ガイド料払いますよ。

投稿: ちは | 2006.09.17 13:47

おおー、写真を購入されてる方が、こんな身近にいらっしゃったとは。今度是非見せてください。いつかポーズを決められるようになると良いですね。

シーについては妻の事前調査が大変役に立ってますので、妻を褒めてやってください。次回はもうちょっと落ち着いた感じで巡ろうかと思ってます。なんたってショー系をほとんど観ることができなかったので。。あそこのショーは、どれもレベルが高いですね。まぁ、本物のショーとやらを見に行ったことが無い私が言うのもナンですが。ガイド料は…ミニーマウスの耳でお願いします。ミッキーマウスのは既にあるので。

投稿: link | 2006.09.18 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GMCD | トップページ | PRESS START 2006 -SYMPHONY OF GAMES- »